国保水俣市立総合医療センター様

TOP > 導入事例 > 国保水俣市立総合医療センター様


【会社情報】

国保水俣市立総合医療センター 様
(担当:キャトルプラン福岡営業所)

店舗情報

国保水俣市立総合医療センター

所在地

熊本県水俣市天神町1丁目2番1号

業種

医療
熊本県最南端に位置し、地域の急性期
医療の一端を担っています。

URL

http://minamata-hp.jp/


【導入の詳細】

導入製品情報

・BOX11
検知ユニット(QP-MXRT-001)
警報ユニット(QP-MXCM-001)
表示灯(QP-EL-002)
RFIDタグ(QP-MV-18)

製品の詳細ページはこちら
 


【導入した理由・導入後の感想】

【導入した理由】
入院されている患者様の無断離棟を防ぐため
ストレッチャー等を用いて通過スペースを狭くするなどの対策を行っていましたが、
無理に通行しようとして転倒に至った事例がありました。
また、歩行器・車椅子等を使用される患者様の通行の妨げにもなっており、
それらを解消するために様々な商品を検討していたところ、
御社HPにたどり着き、製品を導入することとなりました。

【導入後の感想】
今までは帰宅願望がある患者様の自室で
センサーマットを使用しながら行動の見守りを行っていましたが、
時々センサーマットのコールが鳴らず、
患者様が廊下に出てこられていることに
気づくのが遅れてしまうこともありました。

BOX11を導入してからは
帰宅願望のある患者様の手首にバンドを装着し運用しております。
エレベーター前と連絡通路にセンサー設置しているので
スタッフが少数の夜勤帯でナースステーションを離れているときでも
患者様に動きがあればセンサー反応があるので
気づきやすく、離棟を未然に防ぐことができました。


【キャトルプランを選ばれた理由】
色々調べている際にキャトルプランのHPにたどり着き、
内容を確認したところ、当院のニーズに合っていた為お願いしました。


【運用方法】




タグ
<タグ小>手首にバンドを装着し使用。

健康や医療機器に影響を及ぼさないタグなので安心。

検知ユニット
エレベーター前と連絡通路にセンサー設置

小型のボックス型システムなので
患者様に対して圧迫感はありません。

警報ユニット
ナースステーションに常時設置

反応があった場合、
即座に対応ができるので離院を未然に防ぐことができます。

 

サポート

防犯に関するご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5302-1417(代)

受付時間 平日 10:00~18:00